- 酔棋

駒のことなら何でもわかる!!

トップ 作り方 作品 フォト オークション 情報室 書体 名工 資料館 BOOK メール・問い合わせ
---

酔棋制作駒

酔棋流駒の作り方
酔棋流書き駒
NEWあり 作品ライブラリー
フォトライブラリー
酔棋制作駒オークション〈第22回〉
あの駒は今
---
---

資料・駒知識・コラム

駒知識百か条
『駒の詩』情報室
書体への誘い
名工の轍
駒関連資料館
『NHK将棋講座』駒シリーズ
漫画家・永島慎二レクイエム(鎮魂詩)
レクイエム付録永島氏追悼旅行
---
---

イベント

第4回個展メモリアル
第3回個展メモリアル
『駒の詩』第2回将棋大会第4回オフ会実況!
第2回個展メモリアル
『駒の詩』第1回将棋大会第3回オフ会実況!
『駒の詩』第2回オフ会実況!
『駒の詩』第1回オフ会実況!
『駒の詩』関連棋譜

酔棋制作駒プレゼント抽選

<第15回駒紹介>
<第14回駒紹介>
<第13回駒紹介>
<第12回駒紹介>
<第11回駒紹介>
<第10回駒紹介>
<第9回駒紹介>
<第8回駒紹介>
<第7回駒紹介>
<第6回駒紹介>
<第5回駒紹介>
<第4回駒紹介>
<第3回駒紹介>
<第2回駒紹介>
<第1回駒紹介>
---
---

インフォメーション

酔棋からのお知らせ
メール・問い合わせ
酔棋プロフィール
「将棋駒研究会」の案内
「展示即売会」メモリアル(2010年)
「展示即売会」メモリアル(2013年)
将棋駒研究会会友将棋大会(2015年)
リンク
---
---

出版

BOOK INFORMATION
(『将棋駒の世界』 など)
DVD/ビデオ『駒を作る』
---

酔棋からのお知らせ(2019年)

[2022年2021年2020年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年]
※上記を選んでいただくと、そのページに直接移動できます。

 

 2019/11

 先日の「将棋駒研究会」展示会にいらしていただいたみなさん、ありがとうございました。
 石薫書島黄楊虎斑書き駒(第438作)」を追加しました。ぜひご覧ください。


 2019/10

 「作品ライブラリー」に「金龍書島黄楊薄虎斑書き駒(第437作)」と、「駒関連資料館」に「43 金龍(花押)?島黄楊柾目書き駒・作者不詳」を、それぞれ追加しました。ぜひご覧ください。


 私の所属している「将棋駒研究会」が展示会を開催いたします。トップページから入れますので、日時などの詳細をご覧ください。


 2019/8

 「作品ライブラリー」に「関白秀次(花押)島黄楊杢書き駒(第436作)」を追加しました。
 また、「駒関連資料館」に「42 (大阪)竜司島黄楊柾目彫り駒・八代目駒権」を追加しました。あわせて、ぜひご覧ください。


 2019/7

派手な「董仙根杢」の(玉・歩)。

 「作品ライブラリー」に「董仙中国黄楊根杢書き駒(第435作)」を追加しました。かなり派手な「根杢」の駒木地に優美な駒字が収まっています。ぜひご覧ください。


 2019/6

 「作品ライブラリー」に「良明書薩摩黄楊斑入り柾書き駒(第434作)」を追加しました。ご依頼者が書いた駒字を、書体にしたものです。ぜひご覧ください。


 2019/5

 「作品ライブラリー」に「宗歩好薩摩黄楊稲妻杢盛り上げ駒(第433作)」を追加しました。


 2019/3

 「作品ライブラリー」に「巻菱湖薩摩黄楊木口杢書き駒(第432作)」を追加しました。
 また、「駒関連資料館」に「41 水無瀬書島黄楊根杢・影水作(酔棋修復)」を追加しました。ぜひご覧ください。


 2019/2

 「作品ライブラリー」に「宗歩好島黄楊柾目書き駒(第431作)」を追加しました。
 また、「駒関連資料館」に「40 書体不詳黒檀赤漆彫り駒・作者不詳」を追加しました。「双玉」ではなく「双王」のちょっと珍しい駒です。ぜひご覧ください。


 2019/1

彫り駒時(玉・歩)。 盛り上げ時(玉・歩)

 2005年に開催した「第2回プレゼント抽選駒・宗歩好薩摩黄楊彫り駒(第254作)」を、当選者のご依頼でこのたび新たに「盛り上げ駒 」(上写真参照)にし直しました。「第2回プレゼント抽選駒」のページをあらためてご覧ください。
 また、「駒関連資料館」に新たに「39 草玉書島黄楊柾目盛り上げ駒・吉信作」を追加しました。古い駒ですが、私(酔棋)も初めて見る書体・作者です。ぜひご覧ください。


▲画像クリックで拡大

 あけましておめでとうございます!
 この場を借りて、『駒の詩』をいつもご覧いただいているみなさんへ、賀状代わりの新年のご挨拶をさせていただきます。左の賀状を拡大して、ご覧ください。
 早いもので、このHPは2001年9月に開設ですから、18年目に入りました。これまでも、みなさんに支えられページも増設してきました。
 私自身も齢を重ね、透析生活も1年以上になりました。これからは急がず焦らずゆっくりと作品を作り、このHPの更新もそのつもりでやっていきます。今後も、みなさん温かいまなざしでご覧ください。

 2018年の暮れに「書体への誘い・金龍(花押)」を追加しました。
通常の「金龍」とは、まったく別の表隷書・裏篆書の初めて作った「金龍(花押)」です。ぜひご覧ください!


[2022年2021年2020年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年]

※上記を選んでいただくと、そのページに直接移動できます。

 

トップへもどる
駒の詩