- 酔棋

駒のことなら何でもわかる!!

トップ 作り方 作品 フォト オークション 情報室 書体 名工 資料館 BOOK 掲示板
---

酔棋制作駒

酔棋流駒の作り方
酔棋流書き駒
NEWあり 作品ライブラリー
フォトライブラリー
酔棋制作駒オークション〈第22回〉
あの駒は今
---
---

資料・駒知識・コラム

駒知識百か条
『駒の詩』情報室
NEWあり書体への誘い
名工の轍
NEWあり駒関連資料館
『NHK将棋講座』駒シリーズ
漫画家・永島慎二レクイエム(鎮魂詩)
レクイエム付録永島氏追悼旅行
---
---

イベント

第4回個展メモリアル
第3回個展メモリアル
『駒の詩』第2回将棋大会第4回オフ会実況!
第2回個展メモリアル
『駒の詩』第1回将棋大会第3回オフ会実況!
『駒の詩』第2回オフ会実況!
『駒の詩』第1回オフ会実況!
『駒の詩』関連棋譜

酔棋制作駒プレゼント抽選

<第15回開催中>
<第14回駒紹介>
<第13回駒紹介>
<第12回駒紹介>
<第11回駒紹介>
<第10回駒紹介>
<第9回駒紹介>
<第8回駒紹介>
<第7回駒紹介>
<第6回駒紹介>
<第5回駒紹介>
<第4回駒紹介>
<第3回駒紹介>
<第2回駒紹介>
<第1回駒紹介>
---
---

インフォメーション

酔棋からのお知らせ
掲示板・質問・注文
酔棋プロフィール
「将棋駒研究会」の案内
「展示即売会」メモリアル(2010年)
「展示即売会」メモリアル(2013年)
将棋駒研究会会友将棋大会(2015年)
リンク
---
---

出版

BOOK INFORMATION
(『将棋駒の世界』 など)
DVD/ビデオ『駒を作る』
---

酔棋からのお知らせ(2018年)

[2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年]
※上記を選んでいただくと、そのページに直接移動できます。

酔棋に駒の制作依頼をした場合の「制作期間の目安」

駒制作依頼年月
依頼駒完成年月
2018年9月2019年5月以降

 上記の「制作期間の目安」は、「『駒の詩』情報室」(▼別項参照)にも掲載していますが、ここにも掲載(適宜変更)することにしました。みなさん、参考にしてください。
 なお、上記期間は盛り上げ駒を基本としていますので、書き駒や彫り駒の場合は若干早めることも可能です。その他、駒の制作依頼については、酔棋へのじかのメールでご相談ください。

 2018/9

オークション出品作「探山」。

駒プレゼント出品作「巻菱湖」。

 上写真のように「第22回オークション・探山黒檀拭き漆仕上げ書き駒(第427作)」(▼参照)と「第15回駒プレゼント抽選・巻菱湖楓系杢書き駒(第428作)」(▼参照)をアップしました。日程や締め切りなどは、それぞれのページで確認してください。
 トップページからそれぞれのページに行けます。なお、15回にわたって開催してきた「駒プレゼント」の企画ですが、今回をもって終了とさせていただきます。これまで応募いただきご覧いただいたみなさん、大変ありがとうございました。


 2018/8

 「作品ライブラリー」に「金龍中国黄楊虎斑書き駒(第426作)」(▼参照)を追加しました。酔棋作としては、「金龍」は『駒の詩』に初めて掲載される書体です。ぜひご覧ください。


例会時に取材を受けた増山。 酔棋愛用駒・龍山安清(第195作)。

 「将棋駒研究会例会(2018年6月17日)」に日本将棋連盟の方が取材に来ました。研究会の様子や私(酔棋)も簡単な取材を受けました。 その後、連盟のHPに「将棋コラム」として掲載されています。よかったらそのページものぞいてみてください。


 2018/6

 「作品ライブラリー」に「淇洲書中国黄楊赤柾盛り上げ駒(第425作)」(▼参照)を追加しました。また、「駒関連資料館」に「37 舞島黄楊柾目盛り上げ駒(香月作)」(▼参照)も追加しました。ぜひご覧ください。


 2018/5

 「作品ライブラリー」に「奥野錦旗中国黄楊赤柾書き駒(第424作)」(▼参照)を追加しました。ぜひご覧ください。


 2018/4

 「作品ライブラリー」に「宗歩好島黄楊虎斑書き駒(第423作)」(▼参照)を追加しました。ぜひご覧ください。


 2018/3

 「作品ライブラリー」に「奥野錦旗島黄楊杢彫り駒(第422作)」(▼参照)を追加しました。ぜひご覧ください。


 2018/2

 「作品ライブラリー」に「金光刀薩摩黄楊板目彫り駒(第421作)」(▼参照)を追加しました。ぜひご覧ください。
 また、トップページの「期間限定のお知らせ」で取り上げている「美の壺」の放送が間近になりました。こちらもご覧ください。放送終了後に「取材こぼれ話」に「将棋駒研究会」が、「美の壺」のHPに掲載されます。後日リンクを貼りますので、よかったらのぞいてみてください。


 2018/1

「関白秀次(花押)の「玉将・歩兵」。

 今年の初作として「書体への誘い」に「25 関白秀次(花押)/第420作」(▼参照)を追加しました。これまでたくさん作ってきた「書き駒」の決定版のつもりです。書体の由来なども興味あると思いますので、ぜひご覧ください。また、下の年賀状写真にもあるように、そこにも使いました。


▲画像クリックで拡大

 あけましておめでとうございます!
 この場を借りて、『駒の詩』をいつもご覧いただいているみなさんへ、賀状代わりの新年のご挨拶をさせていただきます。左の賀状を拡大して、ご覧ください。
早いもので、このHPは2001年9月に開設ですから、17年目に入りました。これまでも、みなさんに支えられページも増設してきました。
 私自身も齢を重ね、腎臓の数値が芳しくなく昨年10月より透析生活に入ってしまいました。これからは急がず焦らずゆっくりと作品を作り、このHPの更新もそのつもりでやっていきます。今後も、みなさん温かいまなざしでご覧ください。


[2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年]

※上記を選んでいただくと、そのページに直接移動できます。

 

トップへもどる
駒の詩