HOME >ニュース
 
 
 

 
 

八屋の芋煮会2009活動リポート

2009/12/01 in お知らせ

 

去る11月25日、八屋の恒例行事である芋煮会を今年も開催いたしました。この芋煮会、弊社が発足してから実に8回目を迎えることが出来ました。当日は晴天に恵まれまして、この時期としては暖かな気温の元、開催することができました。30名ほどの方にお集まりいただき、深夜まで盛り上がりました。お忙しいなかお集まりいただいた方々には改めて御礼申し上げます。

芋煮とは何かを簡単に説明しますと、秋のシーズンになると野外にグループで集い、各々が芋煮の素材を持ち寄り、火を起こし、大なべで芋煮を調理し、腹いっぱいになるまで芋煮をほおばり酒を呑むという、東北ならではの行事です。平日でも近所のおじさんが集っていたりする光景が個人的に印象に残っております。

芋煮会と申しますと、某山形県で行われる巨大鍋を使った芋煮会を想像される方が多いと思いますが、弊社では某福島県出身のスタッフの影響により福島風の芋煮スタイルで開催しています。

山形風芋煮と福島風芋煮の違い

山形風
・しょう油ベースのすき焼き風味付け
・牛肉を使用
福島風
・味噌ベースの豚汁風味付け(というかほぼ豚汁、醤油を隠し味として使用)
・豚肉を使用
共通点
・秋の時期に川原などで開催
・里芋が具のメイン

山形県の芋煮は有名ですが、東北地方で広く開催されている芋煮レシピは実は福島風の味噌ベースが一般的です。
詳しくはwikipediaの芋煮会をご覧いただければと思います。

今回の芋煮会では芋煮を5リットル鍋3杯とカニ(炭火焼)をてんこ盛り準備しまして、参加した方々に振舞いました。芋煮もカニも大好評で、結構あっという間になくなってしまい、もうちょっと準備しておくべきだったな、とちょっと反省。

兎にも角にも、参加いただいた皆様、お越しいただきありがとうございました。来年もぜひご参加ください。芋煮会に参加してみたい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社へご連絡ください。来年は招待状をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気軽にお問い合わせください